消費者金融おすすめランキング

消費者金融おすすめランキング!

消費者金融ランキング!お金を借りるならどこの消費者金融が良いのでしょうか?
急にお金が必要になった時には、即日融資のキャッシングが便利です!

 

でも、3万円〜5万円を短期間で借りるなら、無利息で借りられる消費者金融が尚更便利です。最近の消費者金融は、収入証明なしでも融資可能な所もありますし、女性専用の窓口も用意されています!

 

審査も最短で30分で結果が得借りますし、スマホ・携帯で24時間申込みを受け付けているので、夜遅い?時間でも申し込み可能ですよ!

 

当サイトでは、おすすめの消費者金融をランキングでご紹介しています。

 

又、目的別で借りる消費者金融のランキング一覧もご参考にして下さい。

 

 

おすすめの消費者金融ならココ!

アコム

>>三菱FUJフィナンシャルグループ アコム<<

 

 

実質年利 限度額 審査結果 おすすめ度

3.0%〜18.0%

800万円

最短30分

 

 

 

アイフル

>>安心カードローン アイフル<<

 

 

実質年利 限度額 審査結果 おすすめ度

4.5.%〜18.0%

500万円

最短30分

 

 

 

消費者金融を選ぶポイントとは?

 

これから消費者金融を利用するもしくは利用をしてみたいと希望している方もいると思います。そんな折に重要視したいのがどこの消費者金融から融資を受けるかという点です。

 

昨今ではテレビでのコマーシャルでも大手消費者金融などを見かける機会が増えましたがそれだけの情報で消費者金融を決めるのは尚早と言えるでしょう。ではどういった消費者金融を選ぶべきなのかそのポイントについて見て行きます。まずキャッシングだけでなくほとんどの融資においては審査が存在しています。

 

これは借りる人の信頼性を見るためのものでつまりはちゃんとお金を返してくれるのかその判断基準に対する評価となっているわけです。例えば年収やどういった職業に就いているのか、勤続年数や家族構成などなどがあり細かな部分は各キャッシング会社によっても違いがでてくるそうです。

 

もちろん審査に通らなければキャッシングでのお金を借りることができませんのでキャッシングを利用する上では審査に通ることが前提と言えます。中には比較的審査基準がゆるめところも存在しておりこれは一般的に消費者金融が提供しているキャッシングが該当しています。

 

逆に銀行といった金融機関が提供しているキャッシングの審査は厳しく通りにくいために一見銀行でのキャッシングは避けるべきだと思われますがこちらのメリットとしては金利が安いために返済するにあたってはより有利となるでしょう。

 

 

消費者金融系カードローン・キャッシングの特徴

 

消費者金融でキャッシングというと近年では良く目にすることができる融資の形態の一つでテレビのコマーシャルでも消費者金融や金融機関のキャッシングサービスを見かけたという方も多いのではないでしょうか。

 

これからキャッシングを利用する考えがあるのならばどこの消費者金融を利用するかということになると思います。もちろんキャッシングのなかでもより優れたサービスのものを選択しておきたいところですが各社を比較するのにも時間も手間も掛かってしまいます。

 

しかしやはり融資ということもあってまずは審査に通らなければキャッシング自体を利用することが不可能となってしまうためなるべくであれば審査に通りやすいところが理想と言えるかもしれません。一般的に金融機関などが提供しているキャッシングは審査が厳しいとされています。

 

つまり審査に通りやすいということを重視するのであれば消費者金融が提供しているキャッシングがおすすめということになるものの一概にこちらにいいことばかりとは限りません。これはどういうことかというと金利が高めに設定されているためで一方の金融機関のキャッシングでは金利が安いという傾向にあります。

 

ですのでどちらを選ぶにせよ一長一短となってますがそれでも消費者金融でのキャッシングを利用する方が多いそうです。やはりいくら金利が安くとも審査に通らなければ前述したように例え手軽なキャッシングであっても意味がありませんので多少返済額が高くなっても利用しやすい方を選択したいということではないでしょうか。

 

 

消費者金融と銀行系のカードローン・キャッシングの違いは?

 

消費者金融でカードローンやキャッシングを利用する方は多いと思います!その他には銀行や信販会社のあります。しかし、消費者金融系と銀行系のカードローン・キャッシングに違いいったい何でしょうか?まず一つに改正貸金業法の定義する総量規制のターゲットとなるかどうかがあります!

 

平成22年に制定された改正貸金業法では消費者金融から過剰融資で借入れした人が返済能力を超えた融資を受けてそれによって返済不能や自己破産に陥る人を増やしてしまいました!その反省から、借りる人の年収に対して借入出来る限度額を決めたことです!これが総量規制で、貸金業界全体で貸し過ぎをなくす種のものです!

 

この総量規制は消費者金融では年収の3分の1までしか借入できなくなり、他社借り入れがある人には他社分この3分の1の範囲に入ることで融資の上限が決められます!一方、銀行は総量規制の範囲は適用されず年収の3分の1以上の借入が可能で、消費者金融とほぼ同じ内容のカードローン・キャッシングを提供してるにもかかわらず有利な融資を受けることが出来ます。

 

この様に消費者金融と銀行系カードローン・キャッシングはサービスとしてはなもに違いはありませんが、年収の3分1以上融資が出来るか出来ないかの差が出来てきました!又消費者金融と銀行のカードローン・キャッシングの違いは金利でしょう!銀行系のカードローンは消費者金融に比べて金利が安く設定されています。しかし全てが融資条件が銀行はが有利かと言えば、そうでもありません。

 

消費者金融は銀行系に比べると審査がゆるく通りやすくなっています!銀行は総量規制の適用で金利も安いですが、審査は消費者金融より厳しく、定額のお金を借入れするなら消費者金融の方がスムーズに融資が受けられます!しかし、どちらも、最終的には借金をするわけですから、返済出来る範囲以内で計画的に利用することをお勧めしたいですね!

 

消費者金融のグレーゾーン金利

 

消費者金融が出資法の上限金利29.2%と高金利で融資ができた要因はみなし弁済規約があります。これは出資法の上限利息を上回らなければ、制限金利を超えたケースでも有用な債務の返済として認可されてました。

 

これがグレーゾーン金利と言って利息制限法と出資法の間の利子を言いますが、有効な返済と扱われるには決まった基準が要求されました。

 

まず契約者が金利として割りあてられることを承認して納めたものであること、契約者の自身の意思による金利返済であること、契約書類を付与していること、金利の決済に対して貸金事業者が受け取り証書を発行していること等が必要要件でした。

 

しかし、これらを全てを満たしてくれる消費者金融は無く、以後のみなし弁済規約の撤廃と利率の修正になりました。過払い金の返還依頼で契約書や取引明細書が必要となるのは、このみなし返済規約と契約した際の利息が必須要素になるからです。

 

契約した時の利息によってグレーゾーン金利の詳しい内容も裏付けられます。法律の改定により消費者金融は倒産がいまだに増えています。大企業の貸金業者以外と契約を交わした人は早急に確認して下さい。

 

消費者金融だけに限らず、同じ貸金業法が採用されていた信販会社のカードローンも適応され、過払い金の返還の対象となりますので急いで、弁護士や司法書士に依頼して過払い金の返還請求を行って下さい!過払い金返還の期限は、完済してから10年なので過払い金がいくらあるのか知らべてみましょう!。

 

 

 

http://ict4d.info/http://ikzoekeenbaan.net/ http://investmentwine.info/ http://ipodtouchapps.net/ http://jimsims.net/ http://juegoinfantil.net/ http://k-sign.net/ http://khayyat.net/ http://breakingnewsnorth.net/